顎ニキビが治らない

顎ニキビの治し方

顎ニキビの段階と改善するために効果的なスキンケア方法

 

どの年代でもニキビについて悩んでいる人は多いと思います。
10代の頃の成長ホルモンのバランスの変化によって出来てしまう思春期ニキビや、日頃の生活の乱れやスキンケア不足によって出来てしまう大人ニキビなどニキビが出来る理由や状況は様々です。
またニキビには段階があり、悪化すればするほど治りにくくなってしまいます。

 

【ニキビの段階について】

 

顎ニキビは白ニキビと黒ニキビ、赤ニキビと黄ニキビがあります。
白ニキビはニキビの初期段階で小さな白い点のような見た目が特徴です。
見た目では気づきにくいニキビなのでそのまま放置されやすいニキビでもあります。
次が黒ニキビと呼ばれるもので小さなホクロのゆな状態になります。

 

これは毛穴が開いた状態になり毛穴に詰まっていた皮脂や汚れが空気に触れることで黒く変色した状態を言います。
一般的には黒ニキビの時点で気づくことがありますが、黒ニキビも初期段階なので正しいスキンケアを行うことで改善されやすいです。
次が赤ニキビと呼ばれるもので肌が炎症を起こしている状態になります。

 

洗顔などで治る場合もありますが、顎ニキビ跡が残りやすくなります。
黄ニキビはさらに悪化した状態で治りも遅く、最悪皮膚科などの専門医に診てもらう必要もあります。
赤ニキビや黄ニキビの時点で多くの人が触ったり潰したりしてしまうことがあるかもしれませんが、さらに悪化して紫ニキビになる可能性があります。
紫ニキビは毛穴に血と膿が混ざった状態のものが詰まって炎症を起こしている状態です。
こうなると自身では治すことが出来ませんので皮膚科できちんとした治療を受けなければいけなくなります。

 

【ニキビ改善の正しいスキンケア方法】

 

ニキビを改善するために一番重要なのが洗顔料を使った洗顔です。
きちんと汚れを落とすことができないとその汚れが毛穴に詰まってニキビが出来てしまいます。
また注意も必要で洗顔が重要だからといってやり過ぎるのは避けましょう。

 

洗顔をし過ぎると逆に今度は肌が乾燥してしまい、その結果肌が表面を守ろうとしてさらに皮脂を分泌させてしまいます。
なので洗顔料を使うのは1日1回程度を目安にしておくと良いと思います。

 

洗顔料は泡をしっかり泡立てネットなどで立ててください。
洗う際には擦らないように気をつけて、泡を指で優しく顔全体に伸ばすような感覚で洗っていきます。
最後にぬるま湯で泡を流してから冷水で毛穴を引き締めます。

 

洗顔後をすぐに化粧水を塗って保湿を行いましょう。
先程も言いましたが肌の乾燥も皮脂の分泌の原因になるのでできるだけたっぷり化粧水は使いましょう。
顎ニキビに大切なのは常に肌を清潔に保つことと保湿です。

 

この2つを気をつけておくだけでもニキビを改善することができるのです。

 

顎ニキビ参考記事
更新履歴